2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ

2017年5月

ユーシン渓谷にいってきました

ユーシン渓谷にいってきました。



って一体どこ?そうなんです。神奈川県の丹沢湖近くにある渓谷なのですね~
Yusin_2

一時インスタグラムで流行ったそうです。なぜかって?

ダムに溜まった水が透き通った青色に見えることから「ユーシンブルー」と呼ばれていると。

そのインスタだかネットの記事では


「都心から約90分で行ける!絶景スポット」


という触れ込みでしたが、いやはや、90分で行けるわけないじゃん

新宿から小田急線の急行で新松田駅まで80分。

新松田駅から富士急湘南バスで玄倉まで45分。

玄倉からユーシンブルーの見られる玄倉ダムまでが徒歩120分。


ほぼ都心から片道4時間でした(笑)



まったくーネット記事ったらもうー。

東京からは遠いのです。実証。

ぷりぷりしつつも新松田駅からスタート
Dsc_0007



駅前には小田急系列のコンビニみたいなお店と隣にパンやがあります。

箱根そばもあるので朝早く来た方は朝食代わりにどうぞ。

富士急湘南バスは一時間に一本しかないのでよく時間を確認してください。

Dsc_0006




あ!

「ども」
Dsc_0008



かぱー隊長もいつのまにか来ていました。

バスに揺られながら玄倉に到着。

出発地点には大倉商店というお店があります。

小さなお店なので、買い込むのであれば新松田かその前に買っておくのがいいかもです。


Dsc_0053




目の前は丹沢湖が広がるので景色がとても綺麗です。

Dsc_0050


渓谷なので川沿いの舗装された道路をてくてくと歩いていきます。

Dsc_0018


軽い勾配が長いので舗装されていても案外疲れます。
Dsc_0019



丹沢山の緑を見ながらあるいていくと怪しげなゲートが、、、
Dsc_0020


ここからは車両も通れないので徒歩のみです。

「熊注意!!」
Dsc_0021


平成26年の6月に出没したのか、、、今日は熊鈴も持ってきているので

りんりん鳴らしながらのユーシン渓谷を目指します。

途中でいくつかトンネルをくぐるのですが

Dsc_0025


このトンネルすごかった

「新青崩隧道(しんあおくずれずいどう」

Dsc_0026



全長327m 照明なし

照明無し!?!?!?!?!?

先が見えないしまじで真っ暗です。。。
Dsc_0027

準備のいいおいもさんは懐中電灯をピヤッと取り出しさくさく進みます。

にしても、懐中電灯もってこないで来た人はどうやって通り抜けたのだろう。。。

スマホの明かりじゃはっきり言って照明になりません。

帰り道には「懐中電灯の電池が切れちゃって、、、」というおじさまもいたので

トンネル照らしながら一緒に通り抜けたのですが

もしかしたら懐中電灯ない方はそうやって通ったかもしれませんね。



出口が神々しく感じます。
Dsc_0028

もくもく歩き進むと

目的地の「玄倉ダム」に到着!!
Dsc_0035

見よ!!!



これが噂のユーシンブルーだ!!!!!





Dsc_0029




((・(ェ)・;))ブルー・・・・・?





Dsc_0030

ブルーどこいった!?!?!?(´Д`;≡;´Д`)





と、いうのも

ダムの放流期間だったらしく

ちょうど放流された後だったので

有名な「ユーシンブルー」は見られなかったのです。

ダムに溜まった水がこんな色になるそうです。

Hbdtl_kv7
*富士急湘南バスさんからお借りしました。




まあ、ユーシンブルーは拝めませんでしたが

新鮮な空気と綺麗な景色をさんざん楽しんできましたヨcatface



Dsc_0042

可愛い花
Dsc_0045

かぱー隊長。まんぞくげ。
Dsc_0041

ここから先は真っ暗トンネル
Dsc_0043

ハイキングコースの始めが青くて綺麗だったなー
Dsc_0011

そんなこんなで日帰りのユーシン渓谷でした。

楽しかったかぱー

« 2017年2月 | トップページ